色や質感、髪型も大事

色や質感、髪型も大事

白髪染めにこだわっていると、髪型やその人全体の雰囲気を無視してしまいがちです。自分でもっているセルフイメージと、他人がもっているあなたのイメージはとても違う可能性があります。

 

あなたがいいとおもっている色やヘアスタイルを他人、そして家族は何もいいませんが、ときどき、アドバイス程度に尋ねてみるといいでしょう。

 

髪の色や質感だけではなく、ヘアスタイル、髪の長さ、ファッションやメイクの感じでまったく別人になります。普段のテイスト、あなたが自然に見える色を探してみましょう。

 

美容院などで、あなたにあっている色を決めてくれるサービスもあるので、それらを利用したり、色々自分で試しましょう。髪型だって、いつも一緒だと飽きしまうので、ときにはリニューアルも必要なのと同じで、ときどき色をかえてみましょう。いつも明るめの髪だったら、黒く染めてみると、そうとう雰囲気が違ってみえます。ファッションや着るもの、メイクを変化させて、まったく別人になっても面白いでしょう。

 

色や質感、髪型のバランスを考えて、適度に白髪染めをしてみてください。似合っていれば、ブロンドでも紫でもなんでもありです。人のアドバイス等も参考にして、素敵に見える色を探しましょう。